• ホーム
  • 育毛はタイプによって薬名を変える

育毛はタイプによって薬名を変える

薬と水のグラスを持っている男性

近年多くの男性が悩まされているAGAという症状は、日本語で男性ホルモンによる脱毛症と呼ばれています。
従来は男性型脱毛症と呼ばれる事もあり、20歳から69歳の成人男性において3人に1人の割合で患者が存在していると言われています。
見受けられる症状のタイプにより差異があるものの、20代後半から30代において発症する方が多く、時折10代で発症する方も居ます。
進行性の症状なので一度見舞われてしまうと自然治癒することはなく、育毛対策を講じずに放置していると症状は進行する一方です。
頭頂部や額から現れるという特徴があり、多くの方がどちらか一方から薄毛になりますが、中には両方から症状が進むという事もあります。
一方、後頭部や側頭部は全く影響を受けないという特性もあります。
育毛を行う場合は、こうしたタイプの違いがある事を理解した上で用いる薬名を決める事が好ましいです。
AGAを対策するためにはプロペシアという薬名の内服薬と血管を広げる働きがあるミノキシジルという薬名の外用薬を用いる事が好ましいと言われています。
とても高い効能があるため、研究機関においても用いることが強く推奨されているほどです。
そして、こうした薬名を使用して対処を講じつつ育毛剤などを用いて頭皮のマッサージを行うといったセルフケアを行えば、血流が良くなり頭皮環境も整えることが可能になります。
当然、毛髪に対して必要な栄養を確実に届けるために生活環境や食生活を見直すといった事も重要です。
さらに、育毛が生じるメカニズムを理解するためにはヘアサイクルと呼ばれる成長期間にも着目し対策を練ると良いでしょう。
ヘアサイクルの仕組みを理解し成長期に注力すると、より一層高い育毛効果が得られます。

関連記事
人気記事一覧