• ホーム
  • 外用薬の育毛剤がAGA治療の効果があるメカニズム

外用薬の育毛剤がAGA治療の効果があるメカニズム

薄毛の要因の一種としてAGAによるものが多いと言われており、日本では内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルがAGA治療薬として認可を受けています。
ミノキシジルはアメリカの製薬メーカーが開発した発毛を促進させる成分で、毛細血管を拡張させることで血圧を下げる作用があります。
AGAのメカニズムは解明されており、睾丸で生成されるテストステロンという男性ホルモンが、血液によって運ばれて頭皮にある還元酵素の5αリダクターゼと結合することで、DHTが生まれます。
DHTは毛母細胞に影響を与えて、髪の毛の成長期を短くしてしまいますので、それによってヘアサイクルが乱されて薄毛になるというメカニズムです。
AGA治療薬として知られているプロペシアは、還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する効果があることから、薄毛の原因になっているDHTの生成を抑制できます。
これによって薄毛を進行させているDHTの量を減らすことにつながり、通常のヘアサイクルを取り戻すことが可能になります。
プロペシアと合わせてAGA治療に効果があることが認められているものが、外用薬のミノキシジルです。
ミノキシジルが持っている毛細血管を拡張させて血流を改善することで、頭皮へ栄養素を届けられる環境を作ることができます。
毛乳頭細胞において成長因子を生成することを促進させることや、毛母細胞が自滅することを抑制できるために、高い発毛効果が得られると考えられています。
海外ではミノキシジル成分を配合している内服薬も販売されていますが、日本では認可を受けていません。
ミノキシジルを配合している育毛剤に関しては、成分の配合量が1%のものと5%のものが薬局やドラッグストアで販売されています。

関連記事